ナスダックインデックス投資(1):ナスダック指数を解説

ナスダックインデックス投資(1):ナスダック指数を解説

こんにちは。

これまで、アメリカの代表的な株価指数として、NYダウS&P500を取り上げて解説しました。
今回は、NYダウとS&P500に次いで有名といえる、ナスダック総合指数およびナスダック100指数について解説します。

ナスダック総合指数/ナスダック100指数とは

一言でいえば、IT企業に重点をおいたアメリカの株価指数になります。
以下で詳しくみていきます。
まず、ナスダックの両指数を理解する前に、株式市場としてのナスダックについて理解していただく必要があります。

ナスダック(NASDAQ)とは?:アメリカのIT企業を中心とした新興企業向けの株式市場

世界で2番目に大きい株式市場(証券取引所)

ナスダックそのものは、アメリカの主要な株式市場(証券取引所)を指します。
アメリカの株式市場としては、世界最大規模を誇るNYSE(ニューヨーク証券取引所)が一番知名度がありますが、これに次いで知名度があるのがNASDAQ(ナスダック証券取引所)です。
ナスダックは時価総額において世界に2番目の規模を持ちます

 

出典:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/special/worldcaprank/

ナスダックは1971年に始まった市場です。
世界初のコンピュータネットワークによる証券取引市場として注目を集めました。

ちなみに、NASDAQは、National Association of Securities Dealers Automated Quotationsの頭文字をとって名付けられました。

世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場

他の株式市場と一線を画す特徴として、IT分野を中心とする新興企業が上場している市場であることが挙げられます。
アメリカ国内外の新興企業が約3000社上場しています。

下の表に、時価総額上位10名柄をリストアップしました。
われわれにもなじみのある、世界に名だたるIT企業が上場しています。
GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazonの頭文字)やGAFAM(Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)という表現が最近よく使われますが、これらの企業もすべてナスダックに上場しています。
ちなみに、シンボルであるGOOGLはもちろんGoogleに由来しますが、社名はグーグルグループの持ち株会社であるAlphabet社になっています。

なお、NYダウを構成する30銘柄のうち、アップル(AAPL)、シスコシスコシステムズ(CSCO)、インテル(INTC)、マイクロソフト(MSFT)4社がNASDAQに上場しています。

 

引用元:https://www.marketanalyst.ai/analytics/us-equities/nasdaq-largest-market-cap

ナスダック総合指数とは:ナスダック市場へ上場している全銘柄の時価総額ベースの株価指数

ナスダック総合指数は、ナスダック市場に上場する全銘柄を対象とした指数になります。
アメリカのS&P500と同様、ナスダック総合指数は時価総額加重平均で算出される株価指数です。
ナスダック総合指数は、英語ではNasdaq Composite Indexと表現されます。

ナスダック100指数(NASDAQ100

ナスダック総合指数がナスダック市場に上場する全銘柄を対象としているのに対して、代表的な100銘柄を抽出して構成される指数がナスダック100指数です。
金融銘柄を除く、時価総額上位100社から構成される指数で、時価総額を加重平均して算出されています。

参考までに、全100銘柄は以下のNASDAQ公式サイトに掲載されています。

https://www.nasdaq.com/market-activity/quotes/Nasdaq-100-Index-Components

パフォーマンス

ナスダック両指数(ナスダック総合指数・ナスダック100)の推移をチャートで確認しましょう。
青色がナスダック総合指数、オレンジがナスダック100指数を表します。
チャートでは分かりにくいですが、ナスダック100指数の方が優勢です。
(チャートは縦軸の現在値をそろえているため、より低い値から上昇してきたオレンジのほうがパフォーマンスが上です。)

両指数ともに、ITバブル(ドットコムバブル)の2000年ごろに大きなピークと下落があるのが確認できますが、長期的にみると極めて大きく成長していることがわかります。
特に、リーマンショック以降の直近10年間の成長は目覚ましいものがあります。

 

2019/12/6現在

NYダウ、S&P500とのパフォーマンス比較:過去においては両指数を凌駕

リーマンショック以後の株価上昇は、特にアメリカ株にはめずらしいことではありません。
そこで、ナスダックの両指数と、アメリカの主要指数であるNYダウ・S&P500を比較して優劣を確認しましょう。

青色がナスダック総合指数、オレンジがナスダック100指数、水色がNYダウ、黄色がS&P500を表します。

チャートを見ていただくと、2000年前後のITバブル(ドットコムバブル)でNYダウ・S&P500の両指数を大きくしのいで上昇し、バブル崩壊後に両指数と同じレベルまで急激に下落していることに目がつきます。
しかし、その後2003年以後のパフォーマンスには目を見張るものがあります。
特に2008年のリーマンショック後に関しては、ナスダック両指数は、NYダウ・S&P500の両指数を大きく凌駕して成長しています

 

2019/12/6現在

また、5パターンの期間で投資した場合のリターンをまとめました。
20年以外は、いずれの期間でもNYダウやS&P500を上回るパフォーマンスを示しており、特に30年の1784.5%と3611.8%という数字が強烈です。

現在のわれわれの日常生活も、PC・スマートフォン、AI(人工知能)や近い将来実用化されるであろう自動運転技術など、ITやハイテクの恩恵を多分に受けているので、ナスダックの構成銘柄が成長を遂げたことには納得ができます。

まとめ:IT分野に重点をおいたナスダック指数

ナスダック総合指数・ナスダック100指数について解説しました。
GAFAMを含むITを中心とした新興企業から構成され、非常に成長著しい指数であることがお分かりいただけたと思います。
みなさまの投資の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。
それではまた。

おすすめしないFX商材カテゴリの最新記事